逆流性食道炎や胃酸過多などに対して使われているネキシウムという薬をご存知ですか?胃酸の分泌を強く抑えて、それによる悪影響を防ぐ薬です。当サイトではそんなネキシウムの使い方やお得に入手できる方法を紹介したいと思います。

ネキシウムと胃痛に苦しむ女性の写真

胃荒れの改善にはネキシウムとオウバクエキス

胃荒れによってむかつきや痛みがある人は、ネキシウムとオウバクエキスを利用すると良いです。胃酸は胃腸に侵入する細菌を殺菌するために必要です。しかしストレスなどで胃壁が弱っている時に、大量の胃酸が分泌されると胃荒れを起こします。放置すると十二指腸潰瘍や胃潰瘍になるのでネキシウムで早めに治療します。ネキシウムは胃酸の分泌を抑制する効果が強く、薬を服用している間に胃荒れを治すことができます。ネキシウムで胃酸を減らしたら、オウバクエキスで胃壁を強化します。オウバクとはミカン科のキハダという落葉高木から取り除いた樹皮のことです。中国では重要な漢方の原料です。日本でも北海道から九州にかけて自生しており、幹の直径は50cm~100cm、高さ15m~20mと巨大な木に成長します。中国から漢方が伝わる前の縄文時代から、クリやカシの実と一緒に壷に保存していたことが分かっています。このことからオウバクは日本で最も古い生薬とされます。オウバクエキスの主成分はベルベリンです。ベルベリンには抗菌作用があり胃壁を弱らせる細菌を除去し、胃腸を整える作用があります。かつては風邪や赤痢に用いる民間薬でした。現在はオウバクが国内で減少しており、国内のオウバクから抽出したエキスは希少価値が高いえす。キハダが成長するまで20年以上かかるので、日本では山林にキハダを植える活動が見られています。日本で入手できるオウバクエキスが入った健康食品は、原材料を中国や朝鮮から輸入していることが多いです。輸入した地域によって安全性が異なるので、健康食品の品質を第三者機関が承認したものを選ぶなどして、オウバクエキスの効果をきちんと受けられるように注意します。